忍者ブログ
東方やアイマス、艦これが好きです。 最近は漫画も描いています。 **ただいま、いおたか合同企画中**
大阪に行ってきました。日帰りで! 出張で!
道頓堀の「美津の」で、山芋焼を食べてきました。
平日の昼なので空いていました。いつもは長蛇の列ができてるのでラッキーですv



後、ビリケンさんにもご挨拶。




お返事
きとり様
了解ですー。
テスト勉強がんばってください。くいの残らないように。
合作の件、そんなに気に病まなくて良いと思います。私もノロノロしてましたし。
99.9%の愛と優しさで、いつか、完成させましょう!
>ガラス講座
コップとかお皿とか初心者向けのものを製作してました。
楽しいですよー。
>お色気ゲーム
プレイ日記、見てくださってたんですね。ありがとうございます。
>雰囲気を大事
確かに、怪しい雰囲気たっぷりです。
18歳以上になって耐性ができたら、きとりさんもどうぞプレイしてみて下さいな。



「アトラク=ナクア」


第四章は、カナコのお話。
第三章がえげつなかった分、今回の第四章は平和に見れました。ちょっと切ないけれど。

第四章「カナコ」

お家だいきらい! お父さんだいきらい! 男だいきらい! 
初音姉さま以外はどうでもいい。

…そんなカナコは、連日、ファーストフード店にて初音姉さまの呼び出しを待ちます。
その姿は、浮気の疑いのある旦那の帰りを待つ妻!
ただならぬ空気をまとっているので、ファーストフード店でちょっと名のしれた女になってしまっています。
そんな不幸な空気をまとっているカナコを気遣って、和久という少年がカナコにちょっかいをかけるようになりました。
男性恐怖症なカナコは、和久に話しかけるたびに、脱兎のように逃げます。
こういう和久とかかわっている間は男性恐怖症の気があるけど、少し気の弱い普通の女子高生に見えて、可愛いです。
話しかけても逃げられるといった仕打ちをうけても、和久は。
逃げる際に忘れていった本と懐中時計(女子高生がもつには古風過ぎない?)を届けてくれたり。
お家に泊めてくれたり。
と親切にしてくれました。
ちなみに忘れていった本は、カナコから初音姉さまへのプレゼントの品。
奄美の自然を撮った写真集。
初音姉さま、南の島に行きたいそうです。奄美。私も行きたい…。
でも、初音姉さまが泳いだりビーチバレーしたり貝殻拾ったりアロハシャツ着てる姿がまったく想像できません。
このプレゼントを渡すシーンのやりとりが、ほのぼのしていて、なごみました。
後、どうでもいい情報かもしれませんが、初音姉さまの巣の繭糸はふかふかだそうです。
ふかふか! ふかふか!(ふかふかときいたら無条件に嬉しくなる)

…まあ、そんなこんなで和久の優しさに触れてカナコは次第に彼に心を開くようになりました。
そしたら。
初音姉さまが嫉妬しました。
初音姉さま、ちゃんと、カナコのことが好きだったのね。
贄ゲットにいそしんでいたから、どうなのかと思っていたのだけど。
「大事にしたい」「目茶目茶に泣かせたい(和久どんびき)」だそうです!
また、浮気の言い訳は聞きたくないといって拗ねてみせたり、「私を捨てるのね」とか言って淋しそうにしたりします。
妖怪としてのえげつないところを見ているので、こういう人間っぽいシーンで胸がキューンとなります。

後、新キャラ宇都宮が登場。
体育用具室にて、カナコの強姦されてる状況がうつったカメラを宇都宮が発見。
宇都宮がカナコを脅すフラグがものの見事にたちました。
そして、同時に宇都宮に死亡フラグがたちました。



恐ろしいほど予想通り、カナコが脅されて初音姉さまに助けをもとめ、初音姉さまの手により宇都宮は殺されました。
ちなみに今回はカナコもただ脅されて何もできなかったというわけでなく反抗したので、すこし好感度があがりました。
まあ、カッターはどうかな?と思いますが。
家政婦のごとく、うっかり殺害現場を目撃した和久も、初音姉さまの手によって殺害されました。
和久に罪はないのに…。
うーん、不憫…。

シロガネもちらちら出てくるようになってきたし、物語も、そろそろ終盤かな?

PR
89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79 
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り